ラーメンにベストマッチ!15分でできる「旨辛な肉味噌」の作り方

趣味

ラーメン大好き重悟です。

今日はラーメンにのっけて食べると死ぬほどうまい、ピリ辛肉味噌のレシピを紹介します。

一蘭なんかに行くと赤い辛味噌がのってますよね。

あの味噌を自宅でかんたんに作りたくて、しかもどうせならもっと具だくさんにしたくって、自分なりに試行錯誤して今のレシピにたどりつきました。

15分もあればカンタンにできちゃいますので是非お試しあれ。


スポンサーリンク

材料(6~7人前)

たくさん作ってタッパーに保存して翌日も食べたかったので、分量は多めです。
適宜調整してください。

≪具材≫

  • ひき肉 150g
  • 長ネギの白い部分 1本
  • たまねぎ 1玉
  • しょうが 1/3玉

 

≪調味料≫

  • にんにくチューブ 5cm
  • 創味シャンタン 3cm(鶏がらスープの素やウェイパーやでもOK)
  • 味噌 おおさじ1
  • 豆板醤 おおさじ1
  • 酒 100ml

 

≪その他≫

  • ごま油 適量
  • 黒コショウ てきとう

 

豆板醤の量はお好みの辛さによって調整してください。

おおさじ1だと「ちょい辛」くらいです。


作り方

①具材を切る。

長ネギ、たまねぎ、しょうがをすべてみじん切りにします。

②すべての調味料を酒でといておく。

ひとつひとつ加えるのはめんどうなので。
こうしておくと調理時間の短縮にもなります。

③ごま油で具材を炒める

ひき肉、しょうが、たまねぎを先に炒めます。
長ネギはすぐ火がとおるので、調味料を加えたあとに。

④調味料を流し入れ、長ネギを加える。

香ばしい香りがキッチンに満ちていきます。
「いますぐ白飯にのっけて食いてえぇぇぇぇぇー!」という禁断症状がおこりますが、したくちびるを噛んで必死にがまんしましょう。

⑤最後に黒コショウをふりかける。

黒コショウがいいアクセントになって、肉味噌の味がピリリとひきしまります。

⑥できあがり。ラーメンにのっけよう!

うまし!バカうまし!!

恍惚感でトンじゃいます。


コツとポイント

ラーメンの味はなんでも合います。

とくにしょうゆ味と味噌味だったらもう最高。

その日の午後いっぱい余韻にひたれます。

上の写真はしょうゆ味ですが、「マルちゃん生麺 味噌味」にのっけたときの写真がこんなかんじ。

 

あとは作り方にコツなんかありません。

手際よくパパッと炒めるだけ。

あまったらタッパーにうつして冷蔵庫に入れれば、3,4日は日持ちします。

 

重悟は朝、白飯にのっけて食べてます。

もちろん昼はラーメンにイン。

んで夜は酒のつまみにそのままで。

朝・昼・晩といつでも活躍してくれます。

ぜひお試しください。旨辛な肉味噌のレシピでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました