重悟のブログ

歴史・科学・教育のオモしろくてタメになる話。

数学

三角関数のグラフをExcel(エクセル)でかんたんに描く方法

投稿日:2017年6月17日 更新日:

三角関数のグラフをエクセルで描く方法をまとめておきます。

三角関数の記事でグラフを挿入しようとしたんですが、けっこう苦戦したんですよ。
なのでこの記事はわたしの奮闘記です。

できるだけかんたんにできる方法を。

そしてグラフを微調整する方法まで。

くわしく解説します。

 

↓今回はこんなグラフを完成させていきます。
(薄い青:\(y = \sin x\)、濃い青:\(y = 2\sin x\))

完成予想図

 

グラフのかき方は以下のサイトを参考にさせていただきました。
Excel を使ってフーリエ級数をグラフに描く(pdfページが開きます)

なおMicrosoft Officeのヴァージョンは2010を使用しています。


スポンサーリンク

Excelでサインの値を出力する

まず、グラフの元となるデータをExcel上に作成します。

今回は↓のように、A列に \(x\) を、B列に \(\sin x\) を、C列に \(2\sin x\) を作成していきます。

1.A列にてきとうな数値を入力する

度数法表記の角度を、A列にずらーっと入力します。

今回は「-180」から「760」まで入力しました。

かんたんな入力方法は以下のとおりです。

①まずA2に「-180」を入力し、すぐ下のA3に「-179」と入力。

(増分を2にしたい場合は「-180」「-178」などと入力する)

 

 

②A2とA3をドラッグして枠線で囲う。

右下に■マークがあるので、マウスでポイントして下にドラッグ

 

 


③好きなところまで下にドラッグする。

増分1きざみで、数値が入力されます。

 

 

 

2.B列に\(\sin x\) の値を出力する

A列の数字をつかって、B列に\(\sin x\) の値を出していきます。

①B2を選択し、数式バーに以下のどちらかの式を入力する。

=sin(RADIANS(A2))

=sin(PI()/180*A2)

どちらもカッコ内で、度数法を弧度法に直しています。

なお「PI()」とは「円周率\(π\)」のことで、下は\(\frac{π}{180}x\)という式です。

なぜこの式で度数法を弧度法に直せるかは、ラジアンについての記事を参照。

 

②B2の右下の■マークを下へドラッグ

A列のときとおんなじ要領です。

 

 

 

③最後までドラッグしたら離す

これで\(\sin x\) の値が出ました。

 

 

 

 

 

3.C列に \(2\sin x\) の値を出力する

B列とおんなじ要領で、今度はC列に \(2\sin x\) の値を出していきます。

①C2を選択し、数式バーに以下のどちらかの式を入力する。

=2*sin(RADIANS(A2))

=2*sin(PI()/180*A2)

 

②C2の右下の■マークを下までドラッグ

 

これで元になるデータは完成です。

このデータを元に、グラフを作成します。


 

 

Excelでサインのグラフを描く

1.基本のグラフを描く

①↑のように、データをすべて選択する。

 

②「挿入」タブの「グラフ」範囲にある「散布図」をクリックする。

5つほどグラフの種類が出てくるので、今回は右上の「散布図(平滑線)」を使用します。

これだけで、↓のようなグラフが出来上がります。

ただ、非常にゴチャゴチャしてる!

見た目が悪い!

と思ったので、いろいろ微調整しました。

 

 

Excelでサインのグラフを調整する

1.いらないものを削除する

まず横軸が度数法表記なのが気に食わなかったので、右クリックで「削除」を選択して消しました。

ついでに右側の \(\sin x\)、\(2\sin x\) という表記も消しました。

 

2.軸の目盛を変更する

次に縦軸の目盛を変更しました。

縦軸を右クリックし「軸の書式設定」を選択。

↓のような画面が出てくるので、「軸のオプション」タブを選ぶ。

最小値・最大値・目盛間隔をそれぞれ「固定値」に変更し、好きな数字を入力。

今回は最小値-2、最大値2、目盛間隔1としました。

 

3.目盛線の書式を変更する

ずいぶんすっきりしたけど、目盛線が主張しすぎている気がする。

そこで目盛線を右クリックして、「目盛線の書式設定」を選択。

「線のスタイル」タブで、実線を点線に変更しました。

 

4.グラフの色を変更する

Excelでは自動的に青と赤のような色になってグラフが出てきます。

でもこれも気に食わない。変更します。

グラフ自体を右クリックして、右上の書式ツールから「図形の枠線」を選択。

▼をクリックするといろんな色が出てくるので、好きに選んでください。

 

できたー。



 

まとめ

三角関数のグラフを描くうえで重要なポイントは以下の4点です。

  • ■マークのドラッグを活用して時間短縮
  • 数式は「=sin(RADIANS(A2))」または「=sin(PI()/180*A2)」
  • グラフを描くには散布図(平滑線)
  • いろんな設定を変更してきれいなグラフに



ちなみにもっとグラフをいじりたい場合、わたしはペイントツールに張り付けて調整しています。x軸とy軸という表記だったり、余白を縮めたり等々。

そうして出来上がったのが、冒頭に掲げたグラフです。

 

以上、三角関数をExcelでかんたんに描く方法でした。

もっとかんたんな方法があれば教えてくださいm(_ _)m







-数学
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

中学数学「文字と式」でつまずく原因と解決法③ 分数まじりの複雑な計算

中1数学「文字と式」の解説3回目。 今回は分数のまじった複雑な計算問題の指導について見ていきます。 つまり、 $$ \frac{2}{5} (10x-25) \quad \frac{4x+5}{3} …

絶対値とは何か?なんの意味があるのか?簡単に解説してみた

こんにちは、重悟(ジュウゴ)です。 中学1年のとき数学で「絶対値」を習って、おもわず「はあっ!?」と叫んだことがあります。 「絶対値とは数直線上における原点Oからの距離である」 「|x|は x≥0のと …

中学数学「文字と式」でつまずく原因と解決法① 文字式計算の導入

中学数学の教え方について、具体的に解説するこの連載。 今回から中学1年生の2単元目「文字と式」になります。 文字式になって数学がわからなくなった… 文字式の計算で、利用でつまずいている… そんな生徒へ …

中学数学「1次方程式」文章題の解き方①【代金、個数】

中学数学のつまずき解消をめざすこの連載。 今回からいよいよ「1次方程式の利用」、つまり文章題に入ります。   方程式の文章問題を解く手順は以下のとおりです。 (1)求めるものを \(x\) …

中学数学「1次方程式」文章題の解き方⑨【図形の問題】

中1数学 1次方程式の文章問題。 9回目は「図形の問題」における解き方のコツをお伝えします。 [関連記事] ○文章題①【代金、個数】 ○文章題②【分配、年齢、貯金】 ○文章題③【整数、自然数】 ○文章 …

カテゴリー



スポンサーリンク


管理人の重悟(ジュウゴ)です。
30代、ライター兼ブロガー。

西洋史専攻の知識と民間教育経験を基に、
歴史と教育について書いていきます。

科学と数学についてはヘタの横好き。
ラーメンも大好き。
彼女いわく「ちょっと変態」。

重悟という人間がわかる記事はこちら