人間の匂いのついたツバメが仲間外れに・・・でも元気に巣立ち

日記

軒先バードウォッチャー、重悟です。

以前の記事で、ツバメが軒先に巣作りをはじめたことを書きました。

その後、5羽の雛たちが産まれました。

ツバメの雛たち

親鳥が帰ってきたらピーピー鳴く

 

親鳥がエサをくわえて帰ってくるたびに、「ピーピーピーピー!」と必死に鳴くんです。

もうこの鳴き声が可愛くてたまらん!

おっちゃんキュン死するやんけ!


スポンサーリンク

ところがある日、このうちの1羽が巣から落ちたんです

巣から落ちることってけっこうあるんですね。去年もいたわ。

 

まだ巣立ちもできない幼い雛だったので、拾い上げて巣にもどしてやりました。

そしてもどしてからハッと気づく。

「そういや『ツバメは人間の匂いに敏感だから触ったらダメ』と聞いたことがある・・・」

どうなんだ!?

親は育児放棄するのか?

ネット情報を見てもようわからんぞ!

心配しながら見守った結果・・・

 

無事に巣立ちました。

よりそって眠る

よりそって眠ってる

 

夜になると近くの電線にとまって、4羽なかよく寄りそって眠ってます。

やっぱり可愛いぞ!

おっちゃんのキュンキュンが止まらんやんけ!

(日中は飛び回ってるので撮影できませんでした)



ん?雛は5羽だったよね?

あの巣から落ちたヤツはどこ行った?

 

別の場所でポツンとひとり眠ってました。

拾い上げたヤツ

そう、兄弟たちから仲間はずれにされてたんです。

人間の匂いのついたツバメは、無事に巣立つけど、仲間はずれにされるのか・・・

おっちゃんの 汗腺 涙腺から 加齢臭 涙が止まりません。

ひとりでも強く生きていくんだぞー! つД`)ウワアァァァ

 

そしてそろそろみんな、旅立っていきそうな感じです。

ツバメの旅立ちの日は毎年なんとも壮観ですね。

何十羽というツバメたちが横一列に電線にならんで、「いざっ!」と飛び立っていきます。

今年もそんな旅立ちを見送る季節になりました。

でも軒先に別の夫婦がまた巣作りをはじめたんで、旅立ちはもう少し先になるかもしれませんね。



以上、2017年のツバメ速報第2弾でした。

速報第1弾はこちら→鴻鵠いずくんぞ燕雀の志を知らんや

コメント

タイトルとURLをコピーしました