重悟のブログ

歴史・科学・教育のオモしろくてタメになる話。

日記

ダンスって何が面白いのかわからない

投稿日:

ダンスの良さがわからない。

正確にいうと、ダンスそのものを目的としてその上手さを誇らしげに見せてくるようなあらゆるダンス、それを鑑賞する面白さや楽しさというのがまったくわからない。

だからEXILEも三代目J Soul BrothersもE-girlsもBIGBANGも防弾少年団も少女時代もTWICEも、小中高生のダンス発表会やダンス大会やダンス動画も、ついでにミュージカルもバレエも、何がおもしろいんだかさっぱりわからない。

つまり「ダンスを見せられる」ということが嫌い、もっというと苦痛でしかないのだ。


スポンサーリンク


最初に自分(ジュウゴ)がこの苦痛を体験したのは大学生の頃だった。

当時バイト仲間だったひとりから「来週わたしのダンスサークルの発表会があるんで、ぜひ見に来てください」と半ばむりやりにチケットを渡されて、けっこうスタイルもよくて可愛い子だったから、ダンスというものにまったく予備知識のなかったジュウゴは「たぶん新体操みたいなもんだな、この子がタイトなレオタードを着てダンスするんだったら最高だなムホーッ!」っとテンション上がって当日会場に見に行った。

公民館みたいなところで、その子は他大勢のサークル仲間たちと、部屋着みたいな露出のすこっしもないストリートファッションに身をつつみ、舞台に出てきた。

そして、ひたすら足と手と頭と胴体を機敏に動かしつづけた。重低音の効いたヒップホップにあわせて。

何を見せられているんだろう。

おれはいったい何を楽しめばいいんだろう。

自問自答しつつ1時間が経過し、最後に「ダンスバトルタイム」とアナウンスされた。

舞台の左右に分かれたダンサーたちはひとりずつ中央に進み出ては奇妙な動きをして、また左右にはけていく。ひとりがはけていくときには必ず客席から「フゥー」とか「フォー」とかの声が飛んだ。

ジュウゴがレオタードを期待していたあの子も中央に進み出た。とび職のようなダボダボのパンツでさかんに動いたかと思ったら、中途半端な開脚をして一瞬止まる。「フゥー」と「フォー」が飛んで、右の仲間とハイタッチ。とても満足そうな表情だった。

その日ジュウゴはその子に会わずに帰った。後日感想を求められたので「感想に困る」と正直に答えた。

数週間後、その子はバイトを辞めた。

 

ダンスに性的興奮を求めるというのなら、まだわかるのだ。

Hey! Say! JUMPやSEVENTEENといった美男子集団が懸命に汗を流しながら激しく動く、それはある種の女性にとって無意識にセックスを連想させて興奮をおぼえるだろうし、ミュージカル俳優の人気も同じ理由でうなずける。

また乃木坂46やBLACKPINKといった美少女集団が素肌を晒しながら髪をゆらし腰を振る、それはある種の男性にとって(以下同様)。

フィギアスケートもそうだし、ストリップなど性的興奮の最たるものだ。

 

しかし観る者の性的興奮を目的としない、ただただ日頃の練習の成果と技量を他人に披露しようというダンスは、ジュウゴにとって観る価値がない。

あれは、観るもんじゃなくて、自分でやるもんなのだ。

ダンスは観賞するべき対象じゃなくて、参加すべき対象なんだ。

だからダンスをやってる皆様、どうか日頃の練習の成果を人に見せたくなったら、たんなる知り合いじゃなくて家族・親類・親友を誘うようにしてください。

あなたの日々の頑張りを知っていてその成果の披露の場であるということも痛いほど知り、かつあなたの本番前の緊張や舞台上でのドキドキに共感し、まちがえないかしら、ちゃんと最後まで踊りきれるかしらとハラハラ見守ってくれる人を呼んでください。

赤の他人のダンスなんて見たくもない人種もいるんです。すくなくともここにひとり。

どうしても見てほしいならせめて露出多めの衣装でお願いします!

 

ん、おれは何を言ってるんだ。

そう、今年(2018年)の徳島の阿波踊り問題について書こうとしてたんだ。

総踊りが中止決定されたけど、阿波踊り振興協会が強行開催した問題。

その背景には徳島市観光協会の累積赤字4億円があること、この赤字には観光協会の親元である徳島市と共催である徳島新聞社も絡んでて、2者ともどうにかしようとしたけど破産するしかなくなって、せめてちょっとでも赤字補填しようと総踊り会場を分散してチケット売り上げを増やそうとしたこと、それに踊り手側である振興協会が怒って「無料でも強行する」ってなったこと、等々あるみたい。

地方自治体の商売下手はいまにはじまったことじゃないし、田舎企業が東アジアの古き悪しき伝統をたっぷりうけついで不正と癒着と賄賂を繰り返していることも周知の事実だから、ジュウゴにはどうでもいい。

そんなことよりも、阿波踊りの踊り手側が、結果として自分の首をしめることになってでも「踊らせろ」と強く主張したことに、おどろいた。

そんなに踊りたいのかと。

あの手と足を左右おなじほうから出すヘンテコな動きを大衆の前で披露することに、それほど待ちわびていたのかと。

いやこれは批判ではなくて、単純に驚いてかつ現象として不思議だったので、ジュウゴなりにその理由を考えてみたのです。

そして結論が上記だったのです、踊りは観るものではなくやるものだと。

「踊る阿呆に見る阿呆、おなじ阿呆なら踊らにゃ損々」

まさに阿波踊りに謡われている言葉そのままなんだと。

 

しかし毎年100万人以上の人出があるというのにもまた驚いた。

阿波踊りを見るだけのために、それだけの人数が徳島市に集まるというのもまた不可解でならない。

ジュウゴは時期外れにたまたま徳島に行く機会があって、「阿波おどり会館」という建物のなかで年中おこなわれている阿波踊りの演舞を見学したことがある。

これも自分にとっては、ダンスを見せられる苦痛でしかなかった。

何が面白いのだろうとすこしイライラしながらも連れてきてくれた友人に悪いから必死に感心しよう感心しようと努めてその自己欺瞞がしだいにバカバカしくなって余計に腹が立った。

最後に一緒に踊る時間があってすこし参加したのだが、まったく個人的事情によるイライラが募りに募っていたせいか、これもすこしも楽しくなかった。

 

こんなにダンスを楽しめない人間というのは、ジュウゴだけなんだろうか。

友人や同僚の結婚披露宴でダンスの出し物を見てもちっとも楽しくないし、付き合い上しかたなく自分がダンスメンバーになったときもただただお茶を濁したと思うだけで、ダンス披露後に拍手をおくってくれた新郎新婦ならびに列席の方々になんとムダな時間をとらせてしまったことかと申し訳ない気持ちになるばかりだった。

義務教育段階でダンス必修化となった今日、ジュウゴのように愚かな人間はもういなくなるのだろうか。

 

……

この記事は半ば以上が愚痴です。

そして残りちょっとは、ジュウゴに共感してくれる人が一人くらいいるかもしれないという淡い期待で書きました。

 

ダンスの全部が嫌いなわけじゃないんです。

たとえばサカナクションの『新宝島』のMVとか、けっこう好きなんです。

 

RIP SLYMEがサビでみんなで踊るところなんかも、わりあい好きなんです。

 

つまりダンスに関しては素人だけど歌とか別の部分できちんと勝負している人がちょっと取り入れてる、しかも一人じゃなくてグループで振り付けを揃えて踊ってる、そのダンスはプロの目から見たらきっと不格好なんだろうけど当人たちは真剣にやっている。

それが好きなんです。

キレッキレのダンスより何倍もかっこいいと思うのです。

だからTEAM NACSの以下の動画なんて、最高(2:50からちょっとだけダンス)

 

 

どこかにジュウゴと同じ気持ちの人はいないもんか。







-日記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

初心者がアドセンス申請に苦労したけど、たった1日で承認されるまで②

前回の記事のつづきです。 今回はじっさいにジュウゴが「google アドセンスに申請してから承認されるまで」の流れを解説します。 アドセンス申請の方法はいろんなサイトで解説してあるんですが、ブログ初心 …

『あまちゃん』から考察する田舎④ 現代日本人の帰属意識その2

前回につづき、『あまちゃん』からうかがえる現代日本人の帰属意識について。 いちおう前回の内容をまとめると、 1回目・2回目の記事で書いた計10コの理由によって、地域コミュニティは消滅。その結果、いま田 …

夏の終わり、Cocco、死

今日、車で帰る途中、 カーブを曲がったらとつぜん、 目の前にまっ白な太陽が現れた。   両脇に山すそをしたがたえて、 まるで天にいざなうよう。   夕方なのにそれは白銀に光って、 …

鴻鵠いずくんぞ燕雀の志を知らんや

こんにちは、重悟(ジュウゴ)です。 今年もツバメの季節がやってきましたね。うちにも今週から1組の夫婦がやってきて、軒下に巣をつくりはじめたところです。 お嫁さんツバメ 旦那さんツバメ 夫婦そろって 目 …

『あまちゃん』から考察する田舎② 地元は「集落」から「市」へ

前回につづき、戦後日本の田舎の激変について、『あまちゃん』を通した考察です。 今回は戦後の田舎で、地域帰属意識の対象が拡大したことを見ていきます。   いきなり難しいことばを出してしまったん …

カテゴリー



スポンサーリンク


管理人の重悟(ジュウゴ)です。
30代、ライター兼ブロガー。

西洋史専攻の知識と民間教育経験を基に、
歴史と教育について書いていきます。

科学と数学についてはヘタの横好き。
ラーメンも大好き。
彼女いわく「ちょっと変態」。

重悟という人間がわかる記事はこちら