重悟のブログ

歴史・科学・教育のオモしろくてタメになる話。

日記

「山下清展」に行ったら絵画より名言に心癒された

投稿日:2017年5月13日 更新日:

こんにちは、重悟(ジュウゴ)です。

先日のGWに「放浪の天才画家 山下清 展」に行ってきました。
「裸の大将」で名前は知っていたんですが、絵を見たことはなかったので興味あったんです。

 

いやー、おもしろかった!

もちろん絵もよかったんです。

有名な「長岡の花火」も見れたし↓

貼絵/1950年

この「スイスの町」なんて、とても貼絵とはおもえないほど鮮やかだし↓

山下清「スイスの町」貼絵/1963年

 

これなんて、ホントに版画なの!?っていうこまかさ↓

山下清「牧の原(金谷)」版画/制作年不詳

 

ただそれ以上に感動したのが、山下清の

とりつくろわない言葉。

 

展覧会のいたるところに、山下清の残したことばの数々が添えてあったんです。

たとえばこんなの。

「みんなが爆弾なんか作らないで、きれいな花火ばかり作っていたら、きっと戦争なんて起きなかったんだな。」

 

ほかにもこんな文章も。

「戦争と言うものは一番怖いもので、一番大事なものは命で、命より大事なものはない。命を取られると死んでしまう。死ぬのは何より一番辛いもので、死んでしまえば楽しみもなければ苦しみもない。死ぬまでの苦しみが一番辛い。戦争より辛いものはない。」



スポンサーリンク

山下清も戦時下を生きた人ですが、戦争が怖いと正直に書いてます。

なんせ、徴兵が怖くて放浪の旅に出ちゃった人ですからね。

自分の欲望にとっても素直に生きた人なんだと思いました。

 

「死にたくない」「おにぎり食べたい」「自由でいたい」「絵を描きたい」・・・。

そんな欲望のままに生きていくことはなかなかできません。

とくに戦時下の日本で「戦争イヤだ」なんて言ったら、とたんに「非国民」扱いされますし。

だからこそ、自分の思いのままに生きることを貫いたかれの人生に、とっても憧れてしまいました。

そして、

思ったことをそのまま言える人間でありつづけたい。

思ったことをそのまま言える社会でありつづけてほしい。

そう感じました。

 

「山下清展」は全国各地の美術館で開催されていますね。

ちょっと遠くても、また行ってみたいと思えるすばらしい展覧会でした。







-日記
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『あまちゃん』から考察する田舎① 近所付き合いが消えた理由

片田舎からこんにちは、ジュウゴです。 ひさしぶりに『あまちゃん』(2013年NHK朝の連続ドラマ小説)を観返してます。 やっぱ宮藤官九郎ドラマ、最高!   んで観つづけているうちに、ふと、2 …

『あまちゃん』から考察する田舎② 地元は「集落」から「市」へ

前回につづき、戦後日本の田舎の激変について、『あまちゃん』を通した考察です。 今回は戦後の田舎で、地域帰属意識の対象が拡大したことを見ていきます。   3回目:『あまちゃん』から考察する田舎 …

初心者がアドセンス申請に苦労したけど、たった1日で承認されるまで②

前回の記事のつづきです。 今回はじっさいにジュウゴが「google アドセンスに申請してから承認されるまで」の流れを解説します。 [前の記事↓] 初心者がアドセンス申請に苦労したけど、たった1日で承認 …

『あまちゃん』から考察する田舎③ 現代日本人の帰属意識

前々回、前回につづき、『あまちゃん』をとおした考察です。 今回は現代日本人の帰属意識についていろいろと書きます。   1回目『あまちゃん』から考察する田舎① 近所付き合いが消えた理由 2回目 …

ワシントンの「桜の木」は後世の作り話

こんにちは、重悟(ジュウゴ)です。 今年もお花見に行ってきました。 上はちかくの公園で、下2枚は山奥のダムで撮影したものです。 どちらもとてもきれいでした。 ねがはくは 花のもとにて 春死なむ その如 …

カテゴリー



スポンサーリンク


管理人の重悟(ジュウゴ)です。
30代、ライター兼ブロガー。

西洋史専攻の知識と民間教育経験を基に、
歴史と教育について書いていきます。

科学と数学についてはヘタの横好き。
ラーメンも大好き。
彼女いわく「ちょっと変態」。

重悟という人間がわかる記事はこちら