重悟のブログ

歴史・科学・教育のオモしろくてタメになる話。

趣味

男が切なくなる漫画ランキング。女性にもおすすめの10選

投稿日:

5位:松本零士『銀河鉄道999』

1000年もの間生きることができる機械の体を夢見る少年・星野鉄郎とその母親。しかし、機械伯爵の人間狩りにより母親は殺されてしまう。逃げ延びた鉄郎も吹雪の中、力尽き倒れてしまうが、謎の美女・メーテルによって助けられる。しかもメーテルは、自分と同行してくれれば、ただで機械の体を手に入れることができる星・アンドロメダへ行く“銀河鉄道999”の乗車パスもくれると言うのだった…。

この宇宙は孤独で満ちている。

絶対的に隔絶された世界で、人はそれぞれに産まれ、生きて、死んでゆく。

『銀河鉄道999』という漫画のテーマはこの人間哀歌に尽きます。

銀河鉄道がそれぞれの世界をつなぐ唯一の手段だからこそ、それぞれの世界の孤独と隔絶がよりいっそう際立って、かれらの来し方と行く末を思うとき寂寞とした気持ちにさせられる。

物語の形式が旅である、というのもまた寂寞の念をつのらせます。

つかのまの出会いと、必ずおとずれる別れ。

ジュウゴは『銀河鉄道999』を読むたび切なくなります。

アニメしか観たことがないという人はぜひ漫画も読んでほしい。

松本零士『銀河鉄道999』

 

ところで松本零士の作品は浅野いにおとちがって、おもいっきり女性を理想化してます。

メーテルも、鉄郎のお母さんも、みんなどんだけマツゲ長いんだ!

そんでどんだけ母性とめどもないんだ!

だから『銀河鉄道999』はだんぜん男におすすめです。

とくに4巻の「賽の河原の開拓者」「白骨の歌」なんかおススメ。

松本零士の九州男児っぷりに抵抗はないという女性もどうぞ。

 

漫画『銀河鉄道999』は

  • アンドロメダ編
  • エターナル編

に分かれていて、「エターナル編」は1999年以来、未完のままです。

なので、初めて読むという場合はまず「アンドロメダ編」だけを一気読みするのをおすすめします。あの、鉄郎が機械の身体をタダでもらいにいくというストーリーが「アンドロメダ編」です。

もちろん続きが気になったら「エターナル編」もどうぞ。

文庫版でいうと、1~12巻が「アンドロメダ編」、13~18巻が「エターナル編」です。

 

 

 

4位:高橋しん『最終兵器彼女』

ぎこちなくも清純な交際をしている高校生、シュウジとちせ。札幌が突然の空爆に襲われたある日、シュウジは思いも寄らない姿に変身していたちせに出会った。背中から羽が生え、空をマッハ2の速度で飛び、とてつもなく破壊能力を持つ、自衛隊によって改造された“最終兵器”。それがちせだった。地球のあちこちで紛争が起こるたびに呼び出され現場へ向っていくちせと、彼女を見守ることしかできないシュウジ。ふたりの未来はいったい…!?

セカイ系の代表的漫画として挙げられることも多い『最終兵器彼女』。

この漫画はとくに全編、切なさであふれています。

なぜならこの世界にあるものすべて、終わりが来ることがはじめからわかっているから

いつまでも続くと思っていた日常と平和…。

友人やクラスメイト、家族や同僚の命…。

高校生の男女の、ありふれた付き合い方…。

ふたりだけの逃避行…。

ちせの人間の部分…。

幾億の人々を乗せたこの世界…。

すべてに終わりが来ることが、はじめからそれとなく提示されている。

それでいて、この漫画は

「ぼくたちは、恋していく。」

このセリフではじまり、そしてこのセリフで終わるんです。

だから『サイカノ』はSF漫画じゃない。

不器用でまっすぐなふたりの恋愛漫画。

ものすごく切ない恋愛漫画です。

高橋しん『最終兵器彼女』

 

舞台が小樽市なので、登場人物たちのリアルな北海道弁もいい。

えろい描写もアリ。だってそれが恋愛の一部でしょう。

そして登場人物の死にざま。特にアケミやナカムラが死ぬシーンではボロボロ泣いた。

性と死を、きちんと描いているからこそ、ちせの「生きたい」という言葉に重みが増す。

恋してるんだ。

ごめんね。

生きて、いたいんだ。

 

個人的にもリアルタイムでハマった思い入れのあるおすすめ漫画です。

まだ読んでないという人はぜひ。
(全7巻)

 

 

3位:弐瓶勉『BLAME!』

極限まで発達したインターネット世界。かつての理想郷は危険な世界へと変容してしまっていた。探索者・霧亥(キリイ)は「統治局」への再アクセスを可能にするために、何千フロアも超構造体を放浪し、「感染前」の「ネット端末遺伝子」を求める…。

『最終兵器彼女』がSF要素をくわえた恋愛漫画だとすれば、『BLAME!』は恋愛要素皆無のSF漫画。

そしてまちがいなく日本のSF漫画の金字塔です。

弐瓶勉はこの『BLAME!』でデビュー後、『BIOMEGA』『ABARA』『シドニアの騎士』などを描き、現在(2019年)は『人形の国』を連載中ですが、すべての作品の萌芽が『BLAME!』にはすでにある。

弐瓶勉『BLAME!』

 

弐瓶勉作品の特徴のひとつは、説明過多になりがちなSFにおいて説明がすくないこと。

特に『BLAME!』は主人公キリイが極端に無口なので、必要最小限の情報しか読者に提供されません。

代わりに『BLAME!』という漫画には、巨大建造物の描写がこれでもかとある。

その垂直につらなる巨大都市のなかを、キリイがたったひとりで(時にふたりで)昇ってゆく。

ときおり敵と遭遇しても、対話はほどんどなく、即バトルシーン(たとえ無抵抗の珪素生物でも無言で頭部切断)。

この構成と演出が

  • 『タイタンの妖女』や『星を継ぐもの』に通じる孤独
  • 『グラン・ヴァカンス』に通じる残酷さ
  • 『渚にて』に通じるディストピア的郷愁

これらすべてを内包する傑作に『BLAME!』という漫画を仕立てています。

だから『BLAME!』もまた、SF名作に通底する切なさをもっているんです。

 

全10巻(新装版は全6巻)の物語のなかで、キリイは感染のおそれがない都市の果てをめざしますが、どこまで昇っても昇っても都市は続きます。出口?と思って広い場所に出ても、

ここは球状の空間で

直径は平均14万3千キロメートル。

構造体は続いている。

と観測者に言われます(言った直後に頭部チョン)。

そして最終話が「都市の果て」。

この終わり方がまた最高!

どこまでも報われない話が好き…。

数字や科学用語の羅列になんかゾクゾクする…。

巨大建造物や工場に萌える…。

こんな人にはぜひ読んでほしいおすすめ漫画です。

 

 

2位:夢枕獏/野口賢『KUROZUKA -黒塚-』

鎌倉の兄・頼朝より逃げおおす源九郎 義経と弁慶。二人が山中を放浪する最中、黒蜜と名乗る美しい女が一人棲む家に辿りついた。いつしか九郎と黒蜜は男女の関係に。その黒蜜には恐るべき秘密が隠されていた!!

愛する二人の、時を超えた逃避行。

この設定だけで切なくて一気読みしてしまった作品です。

『KUROZUKA -黒塚-』は手塚治虫『安達が原』とおなじく鬼婆伝説をもとにした漫画ですが、雰囲気はかなり違う。

夢枕獏にしか出せないあのおどろおどろしさと、耽美な世界観。

野口賢のかすれた線がそれによく合っている。

夢枕獏/野口賢『KUROZUKA-黒塚-』

 

ちょっとだけネタバレすると、この漫画は吸血鬼伝説も下敷きにしています。

クロウを自分と同じ体にした黒蜜は、時のいやはてまで、ふたり添い遂げることを願う。

しかしクロウも黒蜜も、完全に不死ではない。

いつかその体が朽ちて、いやはて(最後)を迎えるその日まで、いくつもの時代をふたりは超えてゆく。

時間とは、無常とはなんと残酷で切ないものなのか。

かりそめの永遠性をもつふたりの物語だからこそ、それがいっそう感じられる。

とくに2巻途中までと最終巻は胸に残ります。

グロテスクで、切なくて、えろい漫画が好きな人に、絶対おすすめの漫画です。
(全10巻)

 

 

1位:吉田基已『夏の前日』

甘く切なく擬(もど)かしい、ふたりの長い夏の前日。――日吉ヶ丘(ひよしがおか)芸術大学4年生・青木哲生(あおき・てつお)。月下(げっか)画廊店長で、和服が似合う大人の女性・藍沢晶(あいざわ・あきら)。突き動かされるように体を繋げた一夜から、激しくも拙い恋愛が始まる――。

ダントツのランキング1位。

切なくなる漫画といえばまちがいなくこれ!と言えるほどおすすめの作品。

『夏の前日』は吉田基已のデビュー作『水と銀』の前日譚にあたります。

そして『水と銀』に藍沢晶は出てきません。

もうこれだけで、哲生との恋の行方がわかってしまう…。

 

他にも終わりを暗示させる事柄が『夏の前日』には散りばめられている。

晶が社会人で、哲生は学生であること。

晶も哲生も素直じゃないこと。

はじめから体を重ねてしまったこと。

吉田基已『夏の前日』1巻

 

哲生がすこしずつ華海(ハナミ)を気にしていくこと。

淡く、どこか陰鬱な風景描写。

ときおり挟み込まれる、晶のモノローグ。

吉田基已『夏の前日』5巻

 

そして、『夏の前日』というタイトル。

この物語が夏の前日だとすれば、いずれ夏の終わりもやってくるんだ。

読者はそう思いながらふたりの恋を見守っていくんです。

なんて切ない…。

ちなみにこの漫画からたまの曲を知ったという人も多いはず。ジュウゴもそうでした。

 

主人公 藍沢晶は、わたしの読んだ漫画のなかで最高の女性。

なぜかかつての恋人やいまの恋人のセリフがそっくりそのまま投影されている場面もあって、「こんなこと言われたな」「こんなふうに思っていたのかな」と、他人事として読めなかった。おれ、藍沢晶みたいな女にずっと惚れてたのかもしれない。

だからこそラストは、そうなるとわかっていたのに、悲しくて悔しかった。

もう二度と、哲生みたいにはならない。

キリキリと胸を締め付けられながら、誓えた漫画。

なに言ってんだ。

 

これ以上は感情移入しすぎて書けません。

どうぞ自分の目で確かめてください。

 

 

まとめ

10位:冬目景『イエスタデイをうたって』

9位:手塚治虫『安達が原』

8位:施川ユウキ『オンノジ』

7位:浅野いにお『うみべの女の子』

6位:ながべ『とつくにの少女』

5位:松本零士『銀河鉄道999』

4位:高橋しん『最終兵器彼女』

3位:弐瓶勉『BLAME!』

2位:夢枕獏/野口賢『KUROZUKA -黒塚-』

1位:吉田基已『夏の前日』

以上、男が切なくなる漫画ランキング トップ10。

ジュウゴの完全なる趣味まるだしで紹介しました。


 

ここで紹介した10冊はすべて、電子書籍でも読めます。

たとえば以下のサイトなら試し読みが全巻できるので、気になった漫画があればネットでスマホで読んでみてください↓

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

ちなみに『銀河鉄道999』『BLAME!』『夏の前日』の3作品は全ページ無料です(1巻のみ)。2019/1/10までの期間限定らしいので、お早めに。

というか『夏の前日』だけでもぜひ読んでほしい!








> 前のページへ 

-趣味
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

超絶美味しいインスタントラーメン ランキング2017年版 

年間ラーメン100食、ジュウゴです。 そのうち半分は袋麺のインスタントを食ってます。 おとといも昨日も食べました。さっきも食べた。3日前はラーメン屋のラーメンでした。 2歳ごろから食べてるから、合計1 …

SFマンガの傑作『BLAME!』(弐瓶勉)の名言・名セリフ

知る人ぞ知るSF漫画の名作『BLAME!』。 『シドニアの騎士』『人形の国』などで有名な弐瓶勉先生の初連載作品です。 シドニアの騎士 コミック 1-15巻セット (アフタヌーンKC) posted w …

ピリ辛こく旨!チゲ鍋ラーメン(キムチ載せ)の作り方

日本ラーメン愛好会次期会長、ジュウゴです。(うそ) 前回もつ鍋風ラーメンの作り方を紹介しましたが、今回も鍋の〆に食べるラーメンを自作しました。 今日はチゲ鍋風ラーメンです。 なぜって、スーパーでコチュ …

無料で遊べる脱出ゲーム!2017年版おすすめサイトを5つ紹介

こんにちはジュウゴです。 空いた時間によく脱出ゲームで遊んでます。 かれこれ15年以上になるから、脱出ゲームに費やした時間はトータル1000時間以上。なにやってんだ…。   そんなジュウゴが …

昼からがっつり!もつ鍋風ラーメンの作り方

ラーメン大好き重悟(ジュウゴ)です。 3日に1日はかならずラーメンを食べるんですが、今日の昼は無性に「もつ鍋の〆で食べるラーメン」が食べたくなりました。 もつ鍋が食べたいんじゃないんです。博多のもつ鍋 …

カテゴリー



スポンサーリンク


管理人の重悟(ジュウゴ)です。
30代、ライター兼ブロガー。

西洋史専攻の知識と民間教育経験を基に、
歴史と教育について書いていきます。

科学と数学についてはヘタの横好き。
ラーメンも大好き。
彼女いわく「ちょっと変態」。

重悟という人間がわかる記事はこちら