重悟のブログ

歴史・科学・教育のオモしろくてタメになる話。

日記

夏の終わり、Cocco、死

投稿日:

今日、車で帰る途中、

カーブを曲がったらとつぜん、

目の前にまっ白な太陽が現れた。

 

両脇に山すそをしたがたえて、

まるで天にいざなうよう。

 

夕方なのにそれは白銀に光って、

雲も、木々も、家並も、電線も、車も道路も

キラキラと照らし出す。

 

あまりにまぶしくて目を細めたら、

ちょうどそのとき車内のBGMが

Coccoの「遺書。」に切り替わった。

すこしだけ昔を思い出す。

Coccoを大好きだった友人の自殺未遂。

バスタブにたゆたう血の筋。

刃物。救急隊員。

明け方に見上げた雲の遠さ。

 

そういえば7日前に、僕は、

育ての祖母を亡くしたんだった。

 

わが子のように育ててくれた。

頑固で、りりしくて、白髪がきれいで、

つぎはぎの質素な服ばかり着て、

そのくせ幼い僕を高級な蕎麦屋に連れてって、

「もっと食べろ」とせっつく。

 

彼女は若いころ、

子どもを嫁ぎ先に残して離縁させられた。

以来、ずっとひとり暮らし。

幼い僕は毎日のように遊びに行っては、

夕闇のなかを、手をひかれて帰るのが日課だった。

 

一度だけ、彼女が吐露したことがある。

地元に帰ってからの勤め先には、

風の強い橋を渡らなければいけなかった。

風の音で、人の声も聞こえないほど。

だから帰り道、橋のいちばん上で、

欄干にもたれて、泣いたよ。

そうすれば誰にも聞かれないからね。

 

最後は僕のことも、

実の子どものことも、

みんな忘れて、赤ん坊のようになって

死んでいった。

 

あの雲の向こうの

まっ白な世界のどこかにいるんだろうか。

 

カーブのつづく国道を

なおも走っていると、

ふたたび目の前に現れた太陽は

もうオレンジ色に染まりはじめていた。

 

Coccoの歌も

いつのまにか終わっていた。

 

ふと、夏の終わりを感じて、

僕は、

おばあちゃんの死を受け入れた。

 







-日記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『あまちゃん』から考察する田舎③ 現代日本人の帰属意識

前々回、前回につづき、『あまちゃん』をとおした考察です。 今回は現代日本人の帰属意識についていろいろと書きます。   近所付き合いがなくなり、地元が拡大したことで、帰属先となる地域コミュニテ …

鴻鵠いずくんぞ燕雀の志を知らんや

こんにちは、重悟(ジュウゴ)です。 今年もツバメの季節がやってきましたね。うちにも今週から1組の夫婦がやってきて、軒下に巣をつくりはじめたところです。 お嫁さんツバメ 旦那さんツバメ 夫婦そろって 目 …

ダンスって何が面白いのかわからない

ダンスの良さがわからない。 正確にいうと、ダンスそのものを目的としてその上手さを誇らしげに見せてくるようなあらゆるダンス、それを鑑賞する面白さや楽しさというのがまったくわからない。 だからEXILEも …

「山下清展」に行ったら絵画より名言に心癒された

こんにちは、重悟(ジュウゴ)です。 先日のGWに「放浪の天才画家 山下清 展」に行ってきました。 「裸の大将」で名前は知っていたんですが、絵を見たことはなかったので興味あったんです。   い …

『あまちゃん』から考察する田舎④ 現代日本人の帰属意識その2

前回につづき、『あまちゃん』からうかがえる現代日本人の帰属意識について。 いちおう前回の内容をまとめると、 1回目・2回目の記事で書いた計10コの理由によって、地域コミュニティは消滅。その結果、いま田 …

カテゴリー



スポンサーリンク


管理人の重悟(ジュウゴ)です。
30代、ライター兼ブロガー。

西洋史専攻の知識と民間教育経験を基に、
歴史と教育について書いていきます。

科学と数学についてはヘタの横好き。
ラーメンも大好き。
彼女いわく「ちょっと変態」。

重悟という人間がわかる記事はこちら