重悟のブログ

歴史・科学・教育のオモしろくてタメになる話。

日記

ワシントンの「桜の木」は後世の作り話

投稿日:2017年4月16日 更新日:

こんにちは、重悟(ジュウゴ)です。
今年もお花見に行ってきました。

上はちかくの公園で、下2枚は山奥のダムで撮影したものです。
どちらもとてもきれいでした。

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ その如月の 望月のころ

と詠んだのは西行法師ですね。

「如月の望月のころ」とは、現在の太陽暦では3月下旬に当たります。仏教の開祖であるガウタマ・シッダールタが死んだ日、つまり釈迦入滅の日だそうです。
ちなみにお釈迦さまが死んだとき、満開の花びらを降らしたのは桜ではなくて、2本のサラの木、つまり沙羅双樹だったといわれています。


また桜の木といえば、アメリカの初代大統領ワシントンのお話が有名です。
桜の木を切り倒してしまったことを正直に話したというあれですが、これは後世の作り話。そもそも当時のアメリカに桜の木はありませんでした。ワシントンの謙虚な性格を誇張するために、伝記作家が盛ったんでしょうね。

ただ現在アメリカの首都であるワシントンD.C.では、毎年春に「桜祭り」が開催されています。この桜は日本から送られたものだとか。アメリカでも桜が楽しめるなんてなんかいいですね。

では。







-日記
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人間の匂いのついたツバメが仲間外れに・・・でも元気に巣立ち

軒先バードウォッチャー、重悟です。 以前の記事で、ツバメが軒先に巣作りをはじめたことを書きました。 その後、5羽の雛たちが産まれました。 ツバメの雛たち 親鳥が帰ってきたらピーピー鳴く   …

夏の終わり、Cocco、死

今日、車で帰る途中、 カーブを曲がったらとつぜん、 目の前にまっ白な太陽が現れた。   両脇に山すそをしたがたえて、 まるで天にいざなうよう。   夕方なのにそれは白銀に光って、 …

『あまちゃん』から考察する田舎② 地元は「集落」から「市」へ

前回につづき、戦後日本の田舎の激変について、『あまちゃん』を通した考察です。 今回は戦後の田舎で、地域帰属意識の対象が拡大したことを見ていきます。   いきなり難しいことばを出してしまったん …

『あまちゃん』から考察する田舎③ 現代日本人の帰属意識

前々回、前回につづき、『あまちゃん』をとおした考察です。 今回は現代日本人の帰属意識についていろいろと書きます。   近所付き合いがなくなり、地元が拡大したことで、帰属先となる地域コミュニテ …

『あまちゃん』から考察する田舎④ 現代日本人の帰属意識その2

前回につづき、『あまちゃん』からうかがえる現代日本人の帰属意識について。 いちおう前回の内容をまとめると、 1回目・2回目の記事で書いた計10コの理由によって、地域コミュニティは消滅。その結果、いま田 …

カテゴリー



スポンサーリンク


管理人の重悟(ジュウゴ)です。
30代、ライター兼ブロガー。

西洋史専攻の知識と民間教育経験を基に、
歴史と教育について書いていきます。

科学と数学についてはヘタの横好き。
ラーメンも大好き。
彼女いわく「ちょっと変態」。

重悟という人間がわかる記事はこちら